2011年09月19日

譲渡決定しました

ティガー君、めでたく、正式に迎えていただくことになりました。

猫ちゃんが4頭、先住犬のチワワ君がいて、ご家族の人数も多いにぎやかなご家庭です。

連れて行った日に、ご主人さまに、
「ティガー君は、捨てられてしまったときと、預かってくれていた人と、2回も悲しい別れをしなければならなかったのだから、
もう二度と悲しい別れをさせないようにしようね」
と娘さんに話してくださったというお言葉をいただき、
とてもありがたく、うれしく思いました。

その後いただいたメールからも、ご家族全員が、ティガー君のことを、困った面も面白がりったり工夫しながら見守ってくださっているのがよくわかりました。

皮膚のトラブルが生じ、すぐさまお医者さんの治療を受けさせていただいて、
漸く収まったそうです。
最初からご苦労をおかけしました。



たくさん送っていただいた写真を、ご了承をいただいたので、紹介します。
(お嬢さんのお顔もそのまま掲載してよいとのことで、とてもよい表情をご紹介できて、うれしいです。)

まだお届けして間もなしのころ。
20110908000002.jpg

猫さんたちの中でも最初から優しく接してくれたという、クーちゃんと。
20110908000001.jpg

その後いっしょに遊ぶようになったチー子ちゃんと。
20110908195744.jpg

先住犬のコテツ君は最初は遠巻きに距離をとっていたようですが、今では受け入れてくれたようです。

先住犬のコテツ君とお嬢さんと。
20110919000000.jpg

チー子ちゃんとコテツ君と。
20110919000001.jpg

お嬢さんとコテツ君と。
(「中学生になるまで、一人では散歩に行ってはいけない」とお嬢さんと約束してくださったと話してくださいました。)
20110909060910.jpg

20110919094239.jpg

そして、お母さんのおひざにいる、お嬢さんとティガー君。
とても素敵なお写真です。拝見したとき、涙が出ました。
20110918000000.jpg

正式譲渡のご報告のメールで、
「私は毎日ティガー君と一緒に過ごしているだけでとても幸せになります。
家族全員で大切に育てます」
とおっしゃっていただきました。

預かり人の寂しさなど、こうしたお言葉と、ティガー君の幸せそうな様子でふっとんでしまいました。
この子もまた、家にいるよりよいお宅に送り出せてうれしいです。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!


家で撮ったお気に入りの一枚。
IMG_4126.jpg

ニックネーム ティガー預かり人 at 15:59| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

お届けしてきました

本日、無事にお届けしてきました。

お宅に入るなり、ティガー君、自分と同じ色のトーティの先住猫さんと静かにあいさつしました。
とっても賢くしなやかな落ち着いた素敵な猫さんです。

先住わんちゃんは遠巻きに見ていましたが、お見合い時と比べ、自分の家のせいか、とても落ち着いていました。
仲良くなれますように。

ご家族のお一人ひとりが心から歓迎してくださっているのがよくわかり、このご家族なら、甘えん坊のティガー君の乾いたスポンジのような心を満たしてくれるだろうと思いました。


先住わんちゃんとうまく暮らせるかどうか見てからの決定です。
答えが出たら、またこちらでご報告をしたいと思います。


お届け前夜。
パパさんにひとしきり甘えました。
IMG_5179.jpg

IMG_5180.jpg

IMG_5185.jpg

君のいない部屋は虚ろ。
でも、やっぱりうちにいるよりよいお家に行くのだと思うとうれしいよ。


ニックネーム ティガー預かり人 at 19:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

好調です

その後も元気いっぱいで好調です。

最近とみに家の犬を遊びに誘うようになりました。
家の犬が噛んでいるおもちゃをわざと奪って引っ張りっこに持ち込んでいます。

土曜日にトライアルに出立予定ですが、台風はどうなるのかなあ。
追記:→日曜日に延期になりました。

別れは目前でさびしいですが、犬の適応力はこちらが心配するほど低くないし、
この子と過ごせた時間の一期一会を感じていればよいかな、と。


今日は、見ている間だけ、カラーを外してみました。
IMG_5175.jpg

お気に入りのおもちゃを奪われて悲しそうな家の犬。
IMG_5177.jpg

IMG_5082.jpg

葛の花
IMG_5151.jpg
ニックネーム ティガー預かり人 at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする